フードスタイリストがオススメする
#サーモマグレシピ「大麦粥」

 

「大麦粥」 

使用するサーモマグアイテム:Tank 

 

<特徴とスペック>
フードコンテナーとして展開していた、Tunk(0.5L)を0.3Lにサイズダウンした、Mini Tank。スープ系のフードを入れるも良し、真空二重構造のため保存容器としても活躍します。

容量:0.3L
直径:100mm
高さ:110mm
重量:320g

<料理のポイント>
★サーモマグの保温機能を最大限に活かしたメニューです。
★簡単すぎる「ほったらかし調理」が時短で便利。
★健康に気を遣っている人やダイエット中の人にもぜひチャレンジして頂きたいメニューです。
★飽きのこないメニューであり、アレンジが多様なのでバリエーションで楽しんでください。

<材料>
1.大麦 大さじ2
2.だしの素 小さじ 1
3.熱湯 250ML
トッピング:塩こんぶ適量 大葉 1枚、白ごま 少々、梅干し 1個など 

<作り方>
1.サーモマグに熱湯(分量外)を入れて、サーモマグの内部を温めてておく(5分以上)

2.1の熱湯を捨てて大麦、だしの素、分量の熱湯を入れ2~3回かき回したら、蓋を軽めに閉めて3時間程度放置する。

3.食べる時にお好みの塩気やアクセントあるトッピングをのせる。
※まさかのこれだけ!ビックリするくらい簡単メニューの出来上がり 

※熱いものを入れ、空ける前にその中身が完全に冷めきってしまう場合、または規定量以上の材料やお湯を入れてしまうと、構造上蓋が開けづらくなることがございます。お気を付けください。

 

残暑に嬉しい #サーモマグレシピ を紹介してくれたのはこちらの方!!

PROFILE

foodstylist 松田 佳絵

勤務しながらフードコーディネーター学校に通い卒業時に優秀賞を受賞。
卒業後同校にてアドバンスコースを受講し、動画フードアシスタントを経てフリーランスに。現在は主に広告向けの様々な調理とスタイリング等を行う。

WORKS

CRISP SALAD WORKS、株式会社シャノアール、OZmall、RHYTHM INC.
idea international(BRUNO)、阪急デザインシステムズ、日本野菜ソムリエ協会、第一ホテルグループ、RPIZZA 他