COFFEE SUPREME TOKYO

2017.11.24カフェワンダークロニクル

寒さが一層強くなり、暖かいコーヒーが手放せなくなってきました。
いよいよサーモマグが本領発揮する頃ですね。

今回のコーヒーワンダークロニクルは、ここ数年”奥渋”として注目度の高いエリアにオープンしたばかりの「COFFEE SUPREME TOKYO」へ。
他のコーヒースタンドとは一味違った、スタイリッシュなコーヒーロースターを日本で展開する、代表の松本さんにお話をお伺いしました。

DSC07924

Q.COFFEE SUPREME TOKYOはいつオープンしましたか。

A.2017年10月1日(日)にオープンしました。

DSC07914

Q.オセアニア地区以外で初めての出店を東京(渋谷)に決めた理由を教えてください。

いろいろな国の候補があったのですが、自分たちのブランドを、どの土地に届けたいか?また、COFFEE SUPREMEのコンセプトでもあるコミュニケーションホスピタリティとして、お客様と寄り添える場所はどのこなのか?をふまえ、駅周辺などの人が集まる場所でなく渋谷でも少し奥まった、奥渋谷に決めました。

Q.ニュージーランドもコーヒー文化が確立されているということですが、COFFEE SUPREMEはどのような存在ですか?

A.ロースターとして創立してから、もうすぐ25年を迎えるため、長い経験の中からハイクオリティなコーヒーを提供する会社です。
そして、コーヒーカルチャーを多種多様な人に届けるため、ユーモアあふれるアイデア、そしてとにかくカッコ良く。
コーヒー屋でありながらも、ちょっぴりラフでクリエイティブ集団のような存在です。

DSC07934

Q.提供しているコーヒーの特徴について教えてください。

A.エスプレッソで提供するCOFFEE SUPREMEオリジナルブレンドは、ミディアムローストでミルクにとてもあうコーヒーです。
シングルオリジンは、南米、アフリカなどのバラエティ豊かなコーヒーを月替りで提供しているので飽きずに楽しめます。

Q.コーヒーショップ(もしくはバリスタ)として特に心がけていることを教えてください。

A.お客さんとのコミュニケーションと、カッコよさ。常にお客さんのことを考えて、美味しいコーヒーとちょっとした会話を提供するようにしています。

DSC07913

Q.東京のコーヒーカルチャーについてどう思いますか。

A.それぞれが個性的で、かつ日本独自の感性をもったお店が増えてきているので面白いなと感じているし興味があります。また、コーヒーがより身近なライフスタイルのツールとして盛り上がってる印象を受けています。

Q.ニュージーランドのコーヒーショップと日本のコーヒーショップに違いがあるとしたら、どのようなところだと思いますか?

A.大きな違いとして感じるのは、ニュージーランドのコーヒーショップは閉店時間が早いです。(15時くらい。笑)朝も早いですけど。それに、チェーン店よりも小さい個人店のほうが勢いがあるように感じます。

DSC07935

Q.この時期のオススメメニューや、今後のオススメを教えてください。

A.寒い時期には、ラテとはちょっぴり違う、オセアニアでは主流なエスプレッソ感を強く感じられるフラットホワイトがオススメです。

DSC07949

Q.松本さん自身のコーヒーの楽しみ方を教えてください。

A.本を読んだり、友達と話をしたり、仕事の合間だったりと、いろいろな場面でコーヒーは登場するので、リラックスしたい時やコミュニケーションツールの一つとして楽しんでいます。

DSC07939

Q.サーモマグの感想を教えてください。

A.自転車に乗っている時やバックパックのサイドポケットに入れても蓋がしっかり閉まるのが素敵ですね。
それと保温。やっぱり冷めたコーヒーよりも暖かいコーヒーのほうが美味しいです。あと無駄なゴミを減らせるのが良いですね!

thermo mugさん(@thermomug)がシェアした投稿

【マイサーモマグキャンペーン】
マイサーモマグを持参頂いた方に、COFFEE SUPREME オリジナルステッカーをプレゼント致します!

DSC07910

「お客さんとのコミュニケーション」を大切にされているという松本さんの言葉通り、バリスタやスタッフの方、またお客さん同士の会話が弾みそうな開放的で広いカウンターとエントランスは、コンセプトにぴったりです。

DSC07911

また、赤と白を基調としたロゴデザインも印象的。
日本人のアーティストや、日本の伝統的な焼き物とコラボレーションしたオリジナルグッズを展開するなど、単にコーヒーを提供するだけにとどまらず、日本での展開に合わせた、新しい取り組みも魅力的です。

DSC07932

ニュージーランドで培ったコーヒーカルチャーを、日本でもより身近になってきたコーヒーという存在とリンクさせることで、独自の価値を生み出す。まさに「クリエイティブ集団」の名にふさわしいスタイルのショップと言えます。

ちなみにニュージーランドと違い、日本では夜の23時までオープン。
夜遅くまで営業しているコーヒーショップは比較的少ないので、コーヒー好きにとっても非常に嬉しいところ。
ビールなどのお酒も提供しているそうなので、遅くなった仕事帰りや、1日をリセットするために気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

DSC07906

COFFEE SUPREME TOKYO

住所 : 東京都渋谷区神山町42-3-1F
電話 : 03-5738-7246
営業時間 : 8:00〜23:00
web : www.coffeesupreme.com