サーモマグのある風景 -ホットコーヒー&スープ編-

2017.10.18thermo mugのある風景

 

いつしか気温が変化し、すっかり秋の気配が漂ってきた。

ほんの少し前までまだアイスコーヒーを飲んでいたのに。

夏と違って、この季節の外遊びには暖かいものが必須。

何をするにもカセットコンロが大活躍するシーズンだ。

 

blog_DSC02957

 

家でも外でも、とりあえずコーヒーが飲みたいということで、ケトルにお湯をたっぷり沸かし、挽きたてのコーヒー豆を投入。

 

blog_DSC02958

 

このとき登場するのは、マグカップとしては大容量400mlの<Mug>。

 

 

キッチンスケールで図りながらドリップすれば、メモリの心配は必要ない。

2人分くらいは十分対応しているので、家族で回し飲みしてもいいかも。

 

blog_DSC03010

 

 

これから冬にかけて、外で飲むコーヒーの味が何倍にも美味しく感じる。

わざわざ一手間かけて淹れる楽しみを味わってみてはどうだろうか。

ちなみにこのMugは大容量に加えて、直径が80mmあるのでスープを入れるのもオススメ。

ナチュラルなカラーに、「かぼちゃのポタージュ」のような今が旬で色鮮やかなスープを入れてみれば、気分も華やかに。

 

 

大きめスプーンでもすくいやすい大きさなので、熱々でもフーフーと味わって食べられる。これも醍醐味。

 

 

ちなみに、カセットコンロで調理出来なくても<Tank food container>なら、朝温めたスープやリゾットを簡単に持ち運べる。

スクリュー式の蓋が付いた、真空断熱2重構造フードコンテナーは保温性にも優れていて、密閉性も高い。500mlあれば沢山作ってシェアも可能。

また、こちらは珈琲豆などを保存しておくキャニスターとしても活躍するので、アイデア次第で使い道の幅も広がる。

外遊びのときなら、すでに挽いてあるコーヒーの粉末を入れて行っても便利かも。

 

 

 

 

 

 

サーモマグの特徴は、高い機能性はもちろんのこと、実はたくさんの汎用性にある。

 

160818_11551

 

自分のライフスタイルに合った使い方を見つければ、さらにサーモマグの魅力にきっと気付けるはず。便利さの定義だって人それぞれなのだから。

 

160818_11511

 

決まった使い方だけでなく、オリジナルのアイデアで楽しむこともお忘れなく。

 


M16-40_GRY
Mug_GRY
マグ_GRY
1,800 円(税別)

M16-40_SAXBLUE
Mug_SAXBLUE
マグ_SAXBLUE
1,800 円(税別)

800_TNK13-50_BLACK_sub01

TNK13-50_BLK
Tank food container
タンク(フードコンテナー)
3,000 円(税別)